平成25年4月1日よりヒブワクチン・小児用肺炎球菌ワクチン・子宮頸がん予防ワクチンが定期接種になりました。


それに伴い東金市では、対象年齢でまだ一度も接種していないお子さんへは予診票が郵送されるそうです。


平成25年3月31日までに一度でも接種されたお子さんは、残りの回数分の予診票をふれあいセンターへ取りに行ってください。(母子手帳持参で)



平成25年3月31日までに発行された予診票は使用できません。
必ず新年度用の予診票で接種するようご注意ください。



4月から子宮頸がん予防ワクチンの公費で接種できる対象年齢が、小学校6年から高校1年までとなりました。
東金市では、標準的な接種が中学1年に相当する人とするため新中学1年生にお知らせするそうです。
今までは、高校1年生で1回でも接種した方は高校2年生になっても残りの回数は助成の対象でしたが、来年度(H26.4.1〜)からは高校2年生は公費の対象になりませんのでご注意ください。

※高校1年生の方は今年度中(H26.3.31まで)に3回接種を終了させてください。
  (3回接種終了までに6か月かかります)




平成25年4月から東金市での予防接種の受け方に変更があります。

今までふれあいセンターにて集団接種していた三種混合ワクチン・不活化ポリオワクチンの単独ワクチンは、契約医療機関(当院も含まれます)での個別接種のみとなります。ご不明な点はふれあいセンターにお問い合わせください。

     東金市保健福祉センター(ふれあいセンター)
        東金市田間421番地
            50−1173